パパ読ンデ

光を越え、事象の地平面で逢いましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黄色いハチ

えr

スズメバチの季節が到来しました。

秋の彼等は攻撃的ですから、

オオスズメバチやキイロスズメバチなど、

気性の荒い蜂の巣には近寄らないべきですね。

遠くからなら平気だろうと、

面白がって石を投げつけるなどの暴挙は、

控えるのが賢明かと思います。

毎年亡くなる方がいらっしゃいますので、

スズメバチの毒はやはり危険なのでしょう。

私も少年時代、上記の愚行を犯した友人の側らにいたために、

頭部を複数回刺されました。

人前では涙を見せないのが自慢だった私も、

その時は意地や体面など考える間もなく、

泣きべそをかきました。

もちろん激痛でしたが、

もうこれで死んでしまうと決め込んでいましたので、

母に別れも告げず最期を迎えるのが辛かったです。

その場の友人たちもかなり動揺していましたが、

ほどなく私に針を突き立ててくるキイロスズメバチを追い払ってくれたので、

すぐにその場を離れました。

もっと生きていたかった、

まだ子供なのにもうこの世とおさらばなのか、

踏みしめている筈の大地が頼りなく沈み込んでしまう気がして、

覚束ない足取りで友人に支えられながらの逃走でした。

あれ程の体験はそう頻繁にできるものではありません。

だから昆虫に関心を寄せるようになった現在では、

暴挙の友人に感謝しています。

少年時代の彩りとしても値千金ですが、

その毒針を身に受けてこそ解ることもあるからです。

危険な生き物としてスズメバチを退けるのは容易いですが、

彼等の存在を呪い消去を望む心になりたくありません。

自然界の仲間として共存し、

衝突や対立しないで済むようこちらが気をつければよいのです。

日ごろそんな考えをもっていた私に、

彼等からの使者がやってきました。

一匹のキイロスズメバチが私の周囲を旋回し続けていたかと思うと、

右腕に降り立ちました。

昔の経験が頭を過ぎり緊張に一瞬身が硬くなりましたが、

刺してはこなかったので彼女を信じることにしました。

右腕を這い回り、

歩いて肩を横断する気配を感じていると、

首筋に痛みがはしったのです。

やられた、

そう思ったのですが、

記憶にある痛みとは少し違っていました。

やがて彼女は左腕に降りてきて、

左腕の上腕に噛み付き、

数箇所を大顎で挟んでは味見をしていました。

私はおいしい餌ではなかったのか、

掌まで探索が終わると飛び去ってゆきました。

きっと私の成長具合を確かめにきたのでしょう。













スポンサーサイト
  1. 2011/09/28(水) 00:01:16|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skydon.blog45.fc2.com/tb.php/267-d9bde50e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【黄色いハチ】

スズメバチの季節が到来しました。秋の彼等は攻撃的ですから、オオスズメバチやキイロスズメバチなど、気性の荒い蜂の巣には近寄らないべきですね。遠くからなら平気だろうと、面白がって石を投げつけるなどの暴挙は、控えるのが賢明かと思います。毎年亡くなる方がいらっ...
  1. 2012/05/02(水) 17:57:04 |
  2. まとめwoネタ速neo

まとめ【黄色いハチ】

スズメバチの季節が到来しました。秋の彼等は攻撃的ですから、オオスズメバチやキイロスズメバチなど、気
  1. 2012/10/30(火) 14:16:40 |
  2. まっとめBLOG速報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。