パパ読ンデ

光を越え、事象の地平面で逢いましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アゲハの力

DSC01814.jpg
カラスアゲハ


DSC01698.jpg
オナガアゲハ


DSC01083.jpg
カラスアゲハ


DSC01538.jpg
キアゲハ


DSC01144.jpg
キアゲハ


日本の景気高揚に微力を奉げるべく、

念願のデジタル一眼レフカメラを購入しました。

大好きな昆虫の美しい姿を、

自宅PCでいつでも楽しめるとあって、

近頃私は暇さえあればカメラを担いで野を駆けています。

カメラのハイテク機能のお陰で稀にいい写真をものにすることができ、

地方ローカルのテレビ番組で投稿した写真が紹介されました。

普段テレビを視聴しない私も、

その時は画面に釘付けでした。

マスメディアの影響力は想像以上に大きく、

デジ一購入を苦々しく思っていた妻が事の他喜んでくれたので、

みそぎが済んだような心持がいたしました。

長男も私の名前が画面に表示されていることに興奮していて、

少しは父親の株が上がったかもしれません。

三枚目のカラスアゲハが件の一枚です。

素晴らしい後押しをしてくれたテレビ局に感謝しつつ、

昆虫の美しさを余すところ無く捉えられるよう、

日々精進を重ねて参りたいと願っています。

五枚目にあるキアゲハは、

大きなツツジの木の天辺に陣取り、

その木に近づく虫があるとスクランブル発進して

翅を打ち付けて侵入者を追い払っていました。

この辺りでは向かうところ敵なしといった趣で、

どんな相手が来ても負けません。

そして勝ち誇ったようにまた元の花弁にとまって辺りを睥睨しています。

ファインダー越しに、

可憐なキアゲハが無骨な漢に見えてしまうのはその風体のせいでしょうか。

昔のバンカラ学生のごとく破れ放題の翅は、

喧嘩に明け暮れてきた勲章のようでもあります。

こんなに大きな木なのだから

皆で仲良く吸蜜すればいい、

なんて小賢しさは彼には通用しないのでしょう。

彼の縄張りは絶対不可侵、

その身を賭して確保すべき聖域に違いありません。

我々ヒト科には叡智があり、

彼のように生きなくてもよい幸運に恵まれています。

それに気がつかせてくれた彼には、

感謝の念が湧かずにはいられませんでした。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/22(日) 23:59:07|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skydon.blog45.fc2.com/tb.php/260-82d63b71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。