FC2ブログ

パパ読ンデ

光を越え、事象の地平面で逢いましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

重ねた苦杯

同窓会へ行きました。

中学校の学年全体で催すとのことで、

二十二年ぶりで誰に再会できるのか

楽しみに夢想していました。

昔の彼女がいたら何て話しかけよう、

一緒に生徒会やってたあいつはどうなっているのか、

好きだったけど言えなかったあの娘は来るのかな、

そんな具合に胸を躍らせながら居酒屋の暖簾をくぐりました。

しかし、通された座敷にいるのは見覚えの無い男女ばかりでした。

一学年で400人いたのですから、

知り合いではない人の方が多いのかもしれないと考え、

一人で端の席に座ってメニューなど眺めつつ辺りを観察していました。

暫らくして私の周りに三人の男性が座ったのですが、

一人だけ顔に見覚えがある程度でした。

ほぼ今日が初対面の彼等と乾杯して

世間話がはずんだので、

知己には出会わなかったけれど、

まあこれでいいかなと思えてきました。

そんな状況であまりに場が盛り上がらない為か、

強制的自己紹介が急遽行われました。

それを聴いていると、

先ほど知らない人たちだと思ったのは私の間違いで、

二十二年の星霜を重ねたクラスメイトでありました。

私の記憶保管庫には、

十代前半における彼等の肖像があるのみなので、

それに照合しない顔は、

勝手に私の脳が知らない人と判断したようです。

殆どの同級生が、

私の記憶より余分に肉を纏っていましたが、

話し始めればやっぱり懐かしいあいつでした。

酒が廻り始め、皆の緊張もほぐれてくると、

会場は思い思いに席をたち、

クラスや部活が一緒だった同級生と杯を酌み交わす姿で溢れました。

私も無事に同じ九組だった人たちの輪に入り、

昔話に興じつつ、久方の酒に喉を潤していました。

そんな中で、八組にいたK君の葬式の話しが出ました。

K君はヤクザをしていたけど辞めて、

その後借金を苦に自殺したそうです。

学生時代のK君は粋がっていました。

不良が居ない学年だったので、

特に悪さをするわけでもないK君ですが、

なんだか印象深い人でした。

トイレで小便の順番待ちをしてK君の後ろに立っていたら、

「俺の後ろに立つんじゃねえ」と怒鳴られ、

なんでこの人はそんな事に立腹するのか不思議に思いました。

事の理不尽さに不愉快になりましたが、

私は素直に一歩下がりました。

私の記憶にある彼との接点はその位で、

殆ど無関係みたいな仲だったのですが、

ヤクザになったとの噂を耳にしていたので、

もしかしてこの同窓会で会って会話することになるかもしれない、

彼はどんな話を好むのだろう

やっぱり喧嘩とか麻薬なのかな、

などと対応を考えたこともありました。

それが、この場に来ようにも

既に肉体をもっていない、

K君の生き様に思いを馳せると、

杯を干さずには居られない気分でした。

彼はこの世では生き辛かったのでしょう。

いつも何かに攻撃されるのではないかと怯え、

手負いの獣のように

周囲に牙をむかずにはいられなかったのかもしれません。

いつ何処で彼が傷を負ったのかは知る由も無いのですが、

養育された環境に因るところは大きいだろうと思います。

争いと裏切りに疲れたであろうK君は、

どんな思いでこの世との縁を切ったのでしょう。

彼には数十年生きたこの世界がどのように見えていたのでしょう。

今になってみると、

K君の粗暴な振る舞いにも理由があったのだと判ります。

だからあの時トイレで彼に従っておいて良かった、

私も敵の一人にならなくて良かったなと思うのです。

寂しさ、辛さ、不安、

暴力の背後には負の感情が隠れています。

それらをから身を守り、

安心を手に入れる為に暴力をはたらきます。

でも心の傷はそんなことでは癒されてはくれません。

それに気付かず、外れた道をどこまでも行き、

彼は何を求めようとしたのか。

周知の事実であるK君の話題はあっけなく移ろい、

中学生にたち還った同窓会の嬌声は、

圧力を増しながら止め処も無く響いていました。
























スポンサーサイト
  1. 2011/05/05(木) 00:23:18|
  2. 人間ライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skydon.blog45.fc2.com/tb.php/258-e84ba696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。