パパ読ンデ

光を越え、事象の地平面で逢いましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生体ジャイロ

長男はおばあちゃんに買ってもらった

キックボードがお気に入りです。

冬の名残の北風が吹きぬける公園で、

それを練習しに行きました。

あまり外で体を動かして遊びたがらない長男が、

自らそう言い出したので、

私にとっては是も非もありません。

直ぐに車にキックボードとその乗り手を押し込み、

意気揚々と公園へ向かいました。

買って貰ったばかりのキックボードのハンドルを握り、

長男は屁っ放り腰で一蹴り一メートルほど進んでは、

すぐに足を着いて顔を綻ばせています。

私も長男に拝借して乗ってみたのですが、

ちょっと地面を蹴るだけで

滑るように地面を移動できるので、

子供が面白がらない筈はありません。

私が夢中で公園を一周したら、

待っていた長男に取り上げられてしまいました。

そして私のライディングに触発されたのか、

長男は両足を揃えて乗れる様に練習を始めたのです。

でも思うようには行かず、

すぐにハンドルが左右にぶれて転倒してしまいます。

怖がるからバランスがとれないんだろうと思い、

それを指摘しました。

しかし、後ろに突き出した尻はそのまま、

直径十センチの二つのタイヤに身をゆだね、

長男は転んでは地面に這い蹲ります。

その度に、べそをかいて涙目で私を見上げていました。

痛い目に遭いたくなければもう乗らなければいいのに、

一体何が、彼に再びハンドルを掴ませてしまうのでしょう。

人間はバランスを崩すことで前進します。

何もしないでいる状態は安定していますが、

そんなのはつまらないし、安全・安心ではありません。

私たちは二本の足で立っていれば転倒はしないでしょう。

踵を上げて一本足で立つと、重心が不安定になります。

しかしその不安定がもう片方の足を一歩踏み出させ、

人間は歩く事ができるのです。

このように、バランスを崩し何かを失いながら、

それを巧みに乗りこなしつつ我々は活動しています。

我々を構成している細胞にあるDNAは、

常に放射線や活性酸素に侵され傷ついています。

傷ついた部分は修復され、

あるいは細胞ごと破棄され、

体は活発に代謝を繰りかえしているのです。

だから、現状を固持したい何も変えたくない、

そんな細胞ばかりが体にあったら、

生物が生きてゆく事は困難でしょう。

危機に際して臨機応変に対応してきたからこそ、

今日の人類は発展してきました。

だから私は、安定を求める人生など、

長男には送って欲しくありません。

傷つき、血を滲ませながら、

倒れても倒れても立ち上がる。

その蓄積が飽和点に達すると

いつか不安定さを乗りこなし、

どんな足場にあっても真っ直ぐに身を置ける筈です。

それが自信であり安心に繋がると私は考えます。

だから私は半泣きの長男を置き去りにして、

足早にその場を後にしました。

背中越しに私を引き止める声が小さくなってゆき、

後ろ髪を引かれる思いで歩きました。

それが必ず彼の幸せに通じていると自分に言い聞かせながら。











スポンサーサイト
  1. 2011/04/05(火) 00:05:37|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

ブログ拝見しました。また楽しみにしてます。
  1. 2011/04/05(火) 11:14:58 |
  2. URL |
  3. 浅草の美容院からコメント #-
  4. [ 編集 ]

浅草の美容院からコメント さんへ

ありがとうございます。
これからも精進して参りますので
どうぞよろしくお願いします。
  1. 2011/04/05(火) 23:01:31 |
  2. URL |
  3. すかいどん #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skydon.blog45.fc2.com/tb.php/254-c98aae80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。