パパ読ンデ

光を越え、事象の地平面で逢いましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪の要塞

456 136
456 124

先日降った雪を庭の隅に集めてみたら、

雪の小山が出来上がり、

それを見ていたらむらむらと

カマクラにしたくて仕方なくなりました。

この数年まともに雪が積もることがなかったので、

この週末は息子たちと毎日ソリ遊びをしていたのですが、

カマクラはまだ作っていませんでした。

スコップを振り上げ、

雪を掘ったり叩いたりして、

二時間ほど創作活動を楽しみました。

すると次男がやってきて、

窓をつけようと壁に小さなシャベルで穴を開け始め、

三十センチの厚みの雪壁に

苦心惨憺しながら窓を完成させていました。

二人で協働したカマクラに、

防水の敷物を敷いて寝転ぶと、

天井は陽光を仄かに透かして、

緑白色に光っていました。

私が体を小さく丸めて寝そべり、

次男は膝を抱えて腰を下ろすと、

カマクラはもう身動きがとれません。

そんな小さな構造物でも、

自分の腕で作り上げたとなると、

冷たい床が作業で火照った肉体に心地よく感じられます。

保育園に通っていた時に、

やはり私はカマクラを作りました。

夜から牡丹雪の降り続いた日曜日の朝、

外へ出てみると見慣れた風景は姿を消し、

白で埋めつくされた異世界のようでした。

五歳の私は冒険心の赴くままに防寒靴を履き、

まっさらな世界へ足を踏み入れました。

浮かれて歩き続けてゆくと、

いつの間にか通っている保育園に辿り着いたのです。

私はここぞとばかりに、

普段は他の子でごったがえしている園庭を

雪を蹴散らし走り回り、

思いもかけない独占に陶酔していました。

しかし次第に、

ここに居るのは自分だけで

誰も独占している事実を知らないのが物足りなくなり、

自分の存在証明、記念碑的なものを

保育園の園庭に残したくなってきたのです。

そこで私は雪玉を転がして雪をかき集め、

カマクラ作りに取り掛かりました。

膨らんでゆく雪玉を体を預けて押し、

それをズリあげて積み重ねてゆく作業は

五歳の幼児には楽ではなかったでしょう。

でも、それをも忘れさせる自己顕示欲の強さと、

オーバーワークで溢れる脳内麻薬が、

私をカマクラ建設へと突き動かしていたのかもしれません。

完成したカマクラは立派だった気がします。

だからその中にいれば、

保育園の独裁者のような気分がしたことでしょう。

自らの手による居城に満足し、

ご満悦で帰路に着いた覚えがあります。

しかし私の独裁も長くは続かず、

次の月曜日には、

多数の園児によってそのシンボルは破壊されました。

悔しさはありましたが、

私は黙ってそれを見ていました。

構造物は壊されても、

あれを一人で作り上げた誇りは、

誰にも手出しができません。

それだけが私を支えていた気がします。

夕方、長男が下校し、

早速カマクラを発見すると、

まるで炬燵をみつけた猫のように、

カバンを放り投げて当然の如くカマクラへ

入り込んで行きました。

夜には兄弟でカマクラの中に遊び、

蝋燭を燈してやると大喜びでした。

狭い遊び場ですが、

夢中の子供にはあまり気にならないようです。

そんな息子達の様子を眺めていると、

あの時のカマクラは、

子供心に大きなものだった気がしていたが、

自分一人ほんの手足が伸ばせるだけの、

脆い雪の要塞だったのかもしれないなと思いました。


スポンサーサイト
  1. 2011/02/16(水) 23:44:27|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

『かまくら』楽しそうですね。
私たちもこちらに来ていた二歳の孫と庭に積もった雪で
遊びました。
楽しそうに遊ぶ孫の姿を見ながら『幸せだな―』とじじばば
は思うのでした。
  1. 2011/02/20(日) 10:53:43 |
  2. URL |
  3. UFO #-
  4. [ 編集 ]

UFOさんへ

私も週末に両親に孫の顔を見せてきました。
土曜日は母と公園へ出掛け、
日曜日は父の家に遊びに行きました。
今はそれぞれ別の道を歩む他人同士ですが、
どちらも孫への眼差しに差はないなと感じました。
息子達には祖父祖母は二人づついますが、
私からすると二人しか居ない父母に、
無邪気な孫息子をみせて
少しでも安らぎを与える事ができたと、
彼等へ密かに感謝しています。



  1. 2011/02/22(火) 22:12:53 |
  2. URL |
  3. すかいどん #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skydon.blog45.fc2.com/tb.php/246-a24e7f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。