FC2ブログ

パパ読ンデ

光を越え、事象の地平面で逢いましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北風吹かれ

頼りなく照らす陽光と

容赦のない寒風に晒された広場で、

赤い頬をした息子が走る。

遠のいてゆく友の背を追って吐く息は白く長い。

一際小さな体の足取りも、

歳月の経過とともに確かに力強く。

埋まらぬ友との差を、

感じぬ筈はあるまいに、

それでも笑みをたたえて走る息子。

君は事象が積み重ねた産物、

この刹那が出生来の極致。

細い肩越しにこの六年半を覗かせている。

何処へ駆けてゆくのか、

それは問わずにおこう。

何れの道を行こうとも、

それは高みへと続くだけ。

君はただ歩を進めればいい。

誕生からこれまでの歩みは、

全てが君の、

私の糧。

血となり肉となり溶け込んでいる。

だから後ろを振りかえる必要はない。

父にかまうこともない。

その柔らかな踵を前へ振り出せ。

それだけが父の願い。

さらば幼き息子、

後にしてきた永遠の瞬間達よ。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/09(日) 16:36:24|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skydon.blog45.fc2.com/tb.php/240-17d9accc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。