FC2ブログ

パパ読ンデ

光を越え、事象の地平面で逢いましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬の前日

薄暮に包まれた谷を丘から見下ろすと

それは精巧なジオラマのよう

茜色の川面も二両編成の電車も

自律的に動いている

誰かの手によるこの作品を

一望の下に眺めていると

クリスマスプレゼントに欲しくて欲しくて仕方が無かった

おもちゃ屋の隅に佇む古びた箱を思い出す

明日からは冬

ススキの穂は白髭の翁のように手招きしている

くたびれた髭を掌でさすれば

猛烈な綿毛が飛び立つ

タンポポの比ではないその数に

そんなに子供好きなのかと半ば呆れる

黙ってススキの子孫繁栄を手伝うと

我を忘れているうちに夕日が融けてきた

風からホエザルのような叫び

林に目を凝らしても

その正体は見越せない

駐車場入り口には事務的なバリケード

冬季施設封鎖にご協力ください

野球場は春まで独り寒風に耐えるらしい

明日からは冬

カラスは胡桃をくわえ四苦八苦している

二メートルの高さから落としても

胡桃の硬い殻が破れるはずもない

通り掛かった車の音に

獲物を横取りされまいと

やにわに飛び立つ臆病加減

したたかに人間を利用して生きる同類がいるのに

あのカラスは己の力のみを頼りに

生と格闘していた

どうか教えてやってほしい

どうすれば腹が満たされるのか

どうか教えてやってほしい

どうすれば喰わずに生きられるのか

明日からは冬

最後の落日が稜線に没した

スポンサーサイト
  1. 2010/12/11(土) 00:10:42|
  2. 人間ライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skydon.blog45.fc2.com/tb.php/237-270eba1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。