パパ読ンデ

光を越え、事象の地平面で逢いましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イタチの地帯

毎日散歩をするのが私の日課ですが、

歩くだけでなく走ることもあります。

一年のうちで一番過ごしやすい爽やかなこの季節では、

見えない紐が私の体を引っ張っているかのように、

足が勝手に駆け出してしまいます。

風呂上りのスポーツドリンクのような

このひんやりした空気に囲まれては、

走らないと損をしてしまうのではないかという

強迫観念が無意識に働くのかもしれません。

そういった情動で走ることもありますが、

やはり走ることの最大の恩恵は健康にあると思います。

筋力や心肺機能の強化という肉体的な成果はもちろん、

無心に体を動かしていると、

心に溜まった滓がいつの間にか消えてしまい、

精神の安定にも大きな効果を発揮してくれます。

腹が立ったこと、悲しかったこと、

恥ずかしさや漠然とした不安などの心を蝕むこだわりは、

滲み出る汗や爆発的に吐き出す息に紛れて昇華してしまうのでしょう。

そして湧き出る脳内麻薬の陶酔も加わり、

私はいつも走り終わると気分が高揚しています。

その時の脳の状態がいいのか、

走った後に車で音楽を聴くと、

毎日車内でBGMにしている曲がいつもより遅く感じます。

初めはCDデッキが壊れて

おかしな音になったのかと思ったのですが、

この現象はいつも走った後に起こるのです。

血行がよくなったせいか、

はたまた運動後の精神状態がなせる業なのか、

世の中の時間の流れに対して

私だけが相対的に加速したかのようで、

優越感に浸れるひと時です。

私の日々の運動にはそんないいところがあるのですが、

今日は走り終えて一息ついていたら、

さらに素敵なことがありました。

川原に座って流れゆく水面の煌きに目を向けていると、

視界の隅で茶色い物体が素早く動きました。

それはチョコレート色をした胴の長い小さな獣でした。

私はそれを凝視したまま、

ポケットに入っていたデジカメを手探りで取り出し、

なるべくゆっくり動きながらそれへ向け、

シャッターを連射し続けました。

それは一旦警戒して隠れてしまいましたが、

暫らくしてまた草むらから姿を現し、

すぐ近くまで来てチラチラと私を観察しています。

体の特徴が私の好きなオコジョに似ていたので、

この獣はきっとその兄貴分のイタチかなと推測しました。

好奇心旺盛な獣は踊るように跳ね回りながら、

私を不審人物かどうか見極めようとしているみたいでした。

その様子がなんとも愛らしくて、

家につれて帰って一緒に布団で寝たい衝動にかられました。

オコジョの夏毛に似たチョコレート色のイタチが

短い足でせわしなく駆け回り、

ビーズのような黒い瞳で私を見つめていると、

私のハートは小さな獣に囚われてしまいました。

走った後にこんなに可愛い野性の獣に出会い、

相乗効果で私の気分は大変昂ぶり、

恋でもしたかのような甘い気持ちで

立て込んだ金曜日を過ごすことができました。










987 014
987 015
スポンサーサイト
  1. 2010/10/16(土) 00:13:06|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skydon.blog45.fc2.com/tb.php/226-f32ff139
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。