FC2ブログ

パパ読ンデ

光を越え、事象の地平面で逢いましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クスサン

3 061


私は蝶も蛾も好きですが、

ヤママユ科の蛾は特に気に入っています。

若い頃、夜の山道をバイクで攻めている途中に

明かりの灯っている駐車場で休憩していたら、

その外灯に手の平ほどもある蛾が

夥しく纏わり付いているのを目にしました。

その時大型の蛾に感じた、

寒気がするほどの嫌悪を私は今でも覚えています。

それなのに今見ると、頬ずりしたくなるほど

愛らしいと思っているのですから、

人間の気持は移ろい易いとはきっと本当なのでしょう。

1 109
3 077

この時期になると、あちらこちらの夜明かりが灯る場所に

クスサンが行き倒れています。

何度も照明にぶつけて翅がボロボロになるもの、

蜘蛛の巣に雁字搦めに捕らえられているもの、

きっと寒さと命のタイムリミット相手に戦いながら

交尾相手を求めて力尽きるまではばたいていたのでしょう。

そんな命の尽きかけたクスサンを手の平に載せ、

彼等を撫でるのが私の楽しみです。

胴を覆っている長い体毛は

生まれたての赤ちゃんの髪みたいに柔らかく、

広い翅を彩る鱗粉はビロードのように滑らかなので、

ついつい触りたくなってしまいます。

黒くつぶらな瞳が寡黙な口を代弁するかのように光り、

恐ろしい秘密を胸に抱えた無口な少女みたいに

何かを訴えているような気がしてきます。

もうすぐ死を迎える彼等はどんな心境なのか、

私は彼等の複眼からそれを読み取ろうとしました。

翅を細かく震わせて怯えているように見える彼等は、

納得のゆく一生を営めたのでしょうか。


098765435 001
CIMG1033.jpg

クスサンの幼虫が梅雨時に大発生しているのを目撃しました。

栗の木を占拠した鮮やかな蛍光グリーンの集団に度肝を抜かれ、

こりゃ来年の秋にはクスサンを大量に可愛がれる、と思ったのですが、

一週間もすると幼虫の死骸が無数に散乱していて、

死んでピンク色になった骸の列が無念さを表すオブジェのようでした。

無事美しい成虫になれるのは幼虫の中のほんの一握り。

だから、私が蜘蛛の巣だらけの地下道で手に取った成虫は、

運良く生き延びたクスサン界の成功者だったのでしょう。

そう考えると、あの静かな瞳は満足に浸っていて、

使命を全うした喜びに翅も打ち震えていたのかもしれません。




スポンサーサイト
  1. 2010/09/25(土) 00:16:04|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

 お早う御座います。穏やかな文章ですね。そして、観察の行き届いた文章に、何故かほっとします。ブログの世界に入って、三年ほど経ちます。訪問者の方々の文章・写真を毎日拝読したり拝見して貰って居ります。

 姿・顔が見えない分、文章には、書き手さんの精神とか心、感受性が、文章により濃く漂っている様な感じがします。きっと、好人物さんなのでしょうね。口で語る以上に、文章はその人の人柄・内面を漂わせているのだと思って居ます。

 私は男ですから、女性の文章は、分かりません。男女の文章を読み比べると、其処には、ハッキリした男女の違いが有りますね。関心・考え・表現の違い・・・etc 私は、そんな観察が面白いと思っている次第であります。

 初コメントにしては、長い物に為って仕舞いましたが、私は、こんな感想を持ちながら、読ませい貰って居るんですよ。へへへ。
  1. 2010/09/26(日) 09:15:29 |
  2. URL |
  3. アガタ・リョウ #-
  4. [ 編集 ]

アガタ・リョウ さんへ


コメントを頂きありがとうございます。
好人物とのご推測、大変恐縮でございます。
文章に書き手の精神が表れる、
私は今まで考えた事もありませんでした。
ただ指の赴くままにキーボードを叩いて、
それを誰もが閲覧できるインターネットにアップしていたのですから、
もうちょっと気を引き締めて書かないといけませんね。
私の精神、心が、世界中に丸判りになってしまいますから。
私もいつも女性のブログを読むと、
目の付け所が違うな、と感心させられます。
どうしてこんな発想ができるのか、
不思議に思ってしまうこともあります。
女性音痴の私は、男女の違いを違いを探求し、
女性の気持ちが手に取るように判るようになり、
妻と融和した人生を送りたいと考えていますが、
その道はまだ暗中模索の状況です。
私も沢山の人のブログを拝見して勉強し、
これからも精進して参りたいと思っています。

  1. 2010/09/27(月) 11:15:42 |
  2. URL |
  3. すかいどん #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skydon.blog45.fc2.com/tb.php/221-1fb56ba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。