パパ読ンデ

光を越え、事象の地平面で逢いましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地下の罠

私の家の直ぐ近くに地下道があります。

国道を横断する歩行者の安全の為にあるのですが、

私はそこで他人とすれ違った記憶がありません。

そこには夜になると煌々と照明が灯され、

いろんな種類の昆虫が集まってくるので、

たまに覗いては昆虫の写真を撮っています。

12 123
ベニスズメ

23456 114
小さな蛾を食べるマイマイカブリ
23456 128
明かりに誘われてきたガムシ

09 090
ナメクジを食べるアオオサムシ


この地下道はT字型になっていて、

私の家の方から階段を下りても

突き当たりに壁が見えるだけで、

向こうの階段がどうなっているのか見えません。

変色した蛍光灯が照らす煤けた地下道にいると、

地下深くにある黄泉の国にでも繋がっているのではないか

という幻想に駆られます。
65 025

今にも得体の知れない化け物が角を曲がって

現れてきそうな荒廃した感じが堪りません。

秘密の地下通路、地下牢など、

地下のもつ謎めいた雰囲気が昔から好きで、

いつか富豪になり豪邸を建築する際には

是非地下室を設けたいと考えています。

この古い地下道の不気味さを一層引き立てているのが

排水溝を住処にしている蛇たちです。
0008 093


9876543 052
いつもこの格子の下に蛇は逃げて行きます。

中は暗くてはっきり見えないのですが、

少なくとも三匹はいるはずです。

地元の人がこの地下道を殆ど利用しないのが

これでは理解できなくもありません。

夏の夜に訪問すると、

小さな蛾やカゲロウが無数に居て、

私の体中に纏わりつきます。

それらを食べに様々な生物がやってくるのでしょうか

肉食の昆虫をよく見かけますが、

カブトムシやコガネムシもよくいます。

タイコウチやガムシなどの水生昆虫も引き寄せてしまうのですから、

私が観察するのには好いのですが、

昆虫にとってここは危険なライトトラップなのかもしれません。




0008 092






スポンサーサイト
  1. 2010/09/08(水) 23:20:02|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skydon.blog45.fc2.com/tb.php/216-f85a5413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。