FC2ブログ

パパ読ンデ

光を越え、事象の地平面で逢いましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

刺す虫

写真をクリックして頂ければ大きくなります
98765765 077
やぶ蚊に献血してみました

78 025
この後ハリで刺されました




昆虫を求めて、この暑さの中森を歩き回ったり、

山を迷走していると体中汗だくです。

それに加えて私の体臭が昆虫に好まれるのか、

少しでも立ち止まって何かを観察していると、

求めてはいない虫たちが取り付いて来ます。

蚊、蝿、蜂、その他にもよく判らない虫が

私の体液を飲みにやって来るのです。

妻や子と一緒に屋外にいると、

私だけ十箇所以上も蚊に刺されているのに、

他の家族は誰も刺されていないという

不可解な事態がもう何度もありました。

他の三人は血液型がAなのに、

私だけがO型だからいけないんだよ、

と妻が主張するのですが、

今年蚊に刺された回数が妻より百倍も多いので、

どうも妻の説だけでは私は納得がいきません。

写真の二枚目にあるニホンミツバチは、

私の汗を舐めに来ていたのですが、

他にも蝿が何匹か汗を舐めていて、

くすぐったいので蝿と一緒に手で追い払ったら

報復にさっきまで舐めていた私の腕を

針で一刺ししていきました。

その時私は樹上のオオスズメバチを観察していたので、

一瞬、スズメバチにやられた!と焦ったのですが、

よく見たら犯人は小さなミツバチで胸を撫で下ろしました。

頻繁に虫に刺されているせいか、

このごろ虫刺されがすぐに治ってしまいます。

山で沢山蚊に刺されたので家に帰って薬を塗ろう、

そう思ったのにいざ家に帰宅してみると

もう痒くもないし腫れも無く、

どこを刺されたのか判らなくなることがしばしばです。

ブヨに刺されると痛痒くて蚊より辛いものですが、

それも一時間ほど我慢していればもう平気になってしまいます。

虫が私に寄ってくるというのもそうなのですが、

刺されてもアレルギーがあまり起こらずに

すぐに治ってしまうのは、

やはり私が昆虫が好きだからなのではないでしょうか。

私が好きだと思っていれば相手も好きになって近寄ってくるし、

好きなものにちょっと血を吸われても

かまわないと思っているから痒くもならない。

昆虫好きの私としては、

自分がよく虫に刺される理由を

このようにこじつけたい訳ですが、

やっぱり何でも好きになるのが

人生を楽しむ秘訣かなと思います。

虫が怖いなどと言っていては、

世の中恐ろしいものだらけということになってしまいます。

虫に限ったことではありませんが、

嫌いなものが少ないほど生きやすいのは明白です。

それを私に気付かせてくれた昆虫たちには

いつも感謝の気持ちが絶えません。

明日は何の虫に出会えるのか、

夏は私にとって最高の虫季節です。










スポンサーサイト
  1. 2010/08/22(日) 23:27:16|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

こんばんは♪

わぁ~痛そうですね。。。
やぶ蚊に吸われた後も何だかとってもかゆそう~(^^;;
すかいどんさんはやっぱり虫に好かれてるのかなv-238
私の場合、良く虫と目と目が合っちゃうんですよねσ(^_^;
なので周りの人からは「虫を見つけるの早っ!」なんて言われるけど・・・
でも決して見つけているわけじゃないんですよね
たまたま振り向いた先に虫さんの瞳があったりして・・・
もしかして私も虫には好かれているのかなぁ(;^^A
でも虫だけに好かれてもねぇ(汗々)
  1. 2010/08/23(月) 19:25:12 |
  2. URL |
  3. みっち #4lXsiBFM
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
うーん、面白く拝読いたしました。
地球上の生物を全て同じ大きさにしたら、昆虫が
一番強いことを科学番組で知りました。小さくて
よかったですね。強いから小さい。男は心が弱いから
腕力を与えられ、女は心が強いから男より腕力はない。
そんなことを言う人もいます。いずれにしましても
「好き」という波動は感じ合えるものなのでしょうか?
  1. 2010/08/24(火) 12:00:21 |
  2. URL |
  3. はなさかすーさん #dSgqtt7g
  4. [ 編集 ]

みっちさんへ


蚊って思ったより奥まで口吻を差し込んでくるから
ちょっと遠慮して吸ってくれ、という感じでした。
でもやっぱりあまり痒くはなかったですよ。
うちの妻も虫とわかりあえるみたいで、
一緒に森へ行くと大物を発見してくれたりします。
ナメクジの気配にも敏感で、
妻がいそうだと言うと、大抵近くにナメクジがいます。
女性の方が勘が働くのでしょうか。
私がこっそり夜中に虫観察に出掛けていることには
気がつかないでいてほしいものです。

  1. 2010/08/24(火) 22:09:32 |
  2. URL |
  3. すかいどん #-
  4. [ 編集 ]

はなさかすーさんさんへ

そうですね。人間は昆虫に比べたら、武器になるものを備えていませんね。
強力な大あごやハサミ、毒針に対抗するには
脆弱すぎる肉体という気がします。
私が見たところ、女性というのは大概
恐怖心が強くて甘えん坊のような気がするので、
心が強いかどうか私にはちょっと判りかねます。
私は人間はそれだけで完結した存在ではなく、
大きな物体を構成している一つの要素なのではないかと思っています。
世界全体、宇宙全体の物質と私の肉体とは
同じ素粒子からできていて、
分解してみれば電子やクオークで出来ているはずです。
物理学ではエネルギー保存の法則というのがありますが、
それは人間にもあてはまるのではないかと思っています。
宇宙の中の一部のエネルギーが私という形をしているだけで、
私が宇宙を構成している物質であることには変りがありません。
それは私が死んで灰になったり、あるいは動物に食べられたりすれば、
また違う物質に変化してゆくことでしょう。
だから私は全ての生き物、物体はどこかしらでつながりあっているのではないかと思うのです。
人間の体が多くの細胞からできているように、
宇宙もまた多くの構成物でできているような気がします。
私の皮膚の細胞の一つが、
「オレは俺だ。この細胞だけが自分なんだ」と言っても、
私の目から見れば肉体の中のほんの一部に過ぎません。
数多の細胞一つ一つがそれぞれの役割を果たし、
連携し在ってこそ全体としての私が成り立ちます。
だから、宇宙を構成している物体である私の気持ちが、
近くに居る同じ構成物の昆虫に伝わらないはずはないのではないかと思うのです。
そしてそれはお互いに感じあえるのではないかと思います。
ですから私は、全てのものを愛することが大変重要だと考えています。

  1. 2010/08/24(火) 22:56:01 |
  2. URL |
  3. すかいどん #-
  4. [ 編集 ]

続き

こんにちは^^
すかいどんさんの考えに共感いたします。ただ、ひとつ
“愛”について定義することは、現在の僕にはまだ見えない
ことがあります。作家、埴谷雄高氏の晩年の作品のなかで
キリストが定義している愛と、仏陀が定義している愛につい
て深く考察しています。根本的に人間は食べなければ生き
ていけませんから、他の生命を殺して食べています。西洋
では、愛は行動でしか評価されませんが、東洋では心がけ
を重んじます。知行合一の精神は、中国の陽明学が有名
ですが、いずれにせよ、人間は愛などない食の生産と消費
を続けています。それは、固有の生き物だけではなく、大地
や川や海など、地球全体の“生命の輪”を壊してもいます。
そんな根本的なところで“愛”が言葉だけの薄っぺらいもの
になっているんじゃないかなどと考えている次第です。本当
の愛は、すかいどんさんの言われるように《すべて》なんだ
と思いますが、自分が信じる愛を実践することによって、
愛の真理に到達出来るのだと考えたりします^^
  1. 2010/08/25(水) 11:36:45 |
  2. URL |
  3. sumito #dSgqtt7g
  4. [ 編集 ]

sumito さんへ

そうですか、愛に定義というものがあるのですか。
知らなかったので私にはよく判りませんが、
キリストや仏陀が言うのだから、
思い遣る気持ちという他に
きっと何か難しい条件があるのでしょうね。
sumito さんが早く愛の真理を発見できますよう
私も祈っています。
  1. 2010/08/26(木) 00:25:39 |
  2. URL |
  3. すかいどん #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skydon.blog45.fc2.com/tb.php/211-953e6d98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。