パパ読ンデ

光を越え、事象の地平面で逢いましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

兄からのお祝い

兄が長男の入学祝を送ってくれました。

電話で兄に何が欲しいのか聞かれ、

長男が以前からブロックの数を増やして欲しい

と言っていたのを思い出し、

それに加えて私も鳥と植物と魚の図鑑を欲しいと思っていたので

兄にブロックと図鑑をリクエストしました。

兄の所にも、この春私立中学に入学した双子の息子がいるのに、

私の息子にわざわざお祝いをくれるなんて、

兄も昔と比べたら随分優しくなったなと思いつつ、

どさくさに紛れて自分が欲しい図鑑を頼みました。

宅配便がうちに届いて、

長男がはしゃぎながらダンボールを開けてみると、

リクエスト通りのブロックと図鑑、

おまけに長男が好きなゲルググのプラモデルが二つ入っていました。

昨年の夏にも兄は長男にプラモデルを四つ買ってくれたのですが、

自分と同じ趣味を持つ甥っ子に、

兄はエールを送らずにはいられなかったのかもしれません。

兄の二人の息子はブロックで何かを作成したり

プラモデルを作るような物づくりは父親と違って一切せずに、

暇さえあれば本ばかり読んでいて、

時々理屈をこねては自分を言い負かしてくるから

まるでお前みたいだ、と兄は私に嘆いていました。

それじゃ息子同士を交換するか?と私が言うと、

何やら言葉を濁していて、

やっぱり自分の子は手放せないようでした。

確かに兄の言うとおり、子供のころの私は本が好きで

時々能天気な兄の無知を指摘するような生意気な弟でした。

今考えれば、それでは私が兄に可愛がられるはずもないですね。

隠してある兄のエロ本をこっそり見たり、

自分が壊したレコードプレーヤーを兄のせいにして

父に兄がこっ酷く叱られたり、

兄がいてくれて本当に好かったなと思います。

子供のころは本当に何でも兄の真似をしていたものです。

喋り方や服装、遊び、とにかく兄を手本にして生きていました。

私が成長して自分の思想が形成されてくると、

しだいに兄を見習う必要がなくなり、

私は兄から離れ独自の道を歩み始めました。

それでも長男の事を気に入っていて可愛がってくれると、

自分が兄に認められたようで嬉しくなり、

やっぱり私にこの兄がいてくれるのは、有難いことだなと思います。

兄は都会で会社経営をしていて

滅多に顔を合わす機会がありません。

だから、感謝の気持ちを手紙に託して送りました。


スポンサーサイト
  1. 2010/04/13(火) 00:14:59|
  2. 人間ライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

兄弟ってそうなんでしょうね~。
ウチも妹に真似ばかりされてました。
真似ばっかりするなー!って高校生の時ドツキ回した思い出が…。
ひどい姉です(笑)
今では友達のような関係で、一番心からなんでも話せる相手なので妹がいてくれてよかったなぁと思います。
改めまして長男君、入学おめでとうございます!
  1. 2010/04/14(水) 10:49:32 |
  2. URL |
  3. 櫻 #-
  4. [ 編集 ]

櫻さんへ

ドツキ回すんですか?
そうですか、私は女の子の姉妹って
お家で仲良くお茶でも飲んで「おほほほ」
とか言ってるものなんだと思っていました。
ホントに子供のころは、女子はきっと
自分とは違っていつも楽しい生活をしているんだろうな
と根拠も無く思っていたので、
女性について一つ勉強させていただきました。
長男は学校が楽しいようでいつも張り切っていて、
一年生になったら急にしっかりしてしまいました。
お祝いありがとうございます。
  1. 2010/04/15(木) 22:12:00 |
  2. URL |
  3. すかいどん #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skydon.blog45.fc2.com/tb.php/171-97ada569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。