パパ読ンデ

光を越え、事象の地平面で逢いましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

男の子育ては絵本から

はじめまして

すかいどんと申しますよろしくおねがいします。

私は5歳ともうすぐ2歳になるふたりの息子がいます。

ウルトラマンやガンダムやアンパンマンが好きな普通のこどもたちです。

いままでついついめんどうだからこどもの相手をテレビゲームにさせたり

DVDにさせたりしていましたが

このままでは親子のコミュニケーションが減ってしまい

こどもの成長に悪影響をあたえてしまうのではないかと

心配になりました。

私はこどものころから本を読むのが好きで

今でも暇さえあれば本を読んでいます。

妻には本ばかり読んでないで子供の相手をしてほしいと

先日苦情を言われました。

それなら本を読んでこどもの相手も出来るなら

絵本をこどもに読んであげればいいことにきづきました。

刺激的なテレビゲームやDVDに慣れたこどもは

絵本じゃあ物足りなくて本をよんでも聞いてくれないんじゃないか

と思いましたが、私が絵本を読むと夢中になって聞いてくれました。

そしてもう一回読んでといって何回も同じ本を読まされました。

何回も読んでいるうちに私も書いてある本の内容を記憶してしまい

そのうちに本を見ないで子供のほうに向けて読んであげれるようになりました。

そうするとこどもの楽しそうな顔を見ながら話せるので

こどもとの一体感ができ本を読み聞かせるのが私もとても楽しくなりました。

絵本をいっぱい読んであげれば読書好きのこどもになるそうです。

絵本を読み聞かせる事で読書をする習慣が身につけば

学校の勉強でもテストの問題文理解力の向上にもなるし

人生をあゆんで行くうえで悩んだり迷ったときに本が道しるべに

なることを期待できるので皆さんもぜひこどもに絵本を

自分の声で読んであげてください。

お父さんが読み聞かせしやすいあまり文字が多くない本

を紹介する予定です。

私自身一回の読み聞かせにあまり時間をかけないようにしています。

こどもは長い本をずっと読まれるより

短い本でも何回も読んでもらったほうがうれしいようです。

いい人生はいい家庭からと思っています。



スポンサーサイト

テーマ:男の育児 - ジャンル:育児

  1. 2009/05/17(日) 23:42:29|
  2. 自己紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。